« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

■The Influence/Jimmy Raney

Raney_3

 50年代のレイニーとちょっと違う印象を受ける一枚です。彼の特徴的な細目のトーンは相変わらず。でも輪を掛けて音が凄くクリアーなので、そう感じるのかもしれませんが、かなりクールなアルバムです。と、思って50年代の彼を聴き直してみましたが、プレイ自体はそんなに変わっていなかったりするのかな・・・。選曲がもう少しリラックスしてソフトな方が私には好みです・・・。モノトーンのジャケットは雰囲気たっぷりなんですけどねえ。

with Sam Jones(b),  Billy Higgins(dr)
Recorded in September, 2,1975.
Produced by Don Schlitten
Xanadu 116

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

■ Duet/Leszek Dranicki

Leszek_1

 確かお店のバーゲンコーナーにひっそりと置かれていたような気がします。1000円?いやもっと安かったかも・・・。そんな訳であまり期待もせずに購入した一枚でしたが、意外にもこれが良い感じでした。彼のギターと、特にまったりしたボーカルが絶妙にブレンドされています。曲ごとに絡むトランペットやサックスもセンス良いです。何か聴く物が見当たらない時には最適な一枚です。最近CDといえばネットやオークションばかり・・・。たまにはお店に行って未知のCDとの出逢いも無いとね。CDトレイにのせる時のドキドキとしばらくご無沙汰してますから。

with Maciej Sikala(ts), Piotr Wojtasik(tp,flh),  Leszek kozdzer(p)
Recorded in Gdańsk Poland;December 19-21,1995 and January, 16-17 1996.
Produced by Grzegorz Czarnecki
Engineer-Jacek Puchalski
Gowl Records CDG504

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

■ 王様の涙 赤

Img_1472

 最近、赤ワインにちょっと嵌ってます。安い=薄いってイメージもありますけど、結構美味しいワインもあったりして見直しています。昔、安いワインで次の日酷い二日酔いと頭痛に遭って、ワインからは何となく敬遠していたのですけど・・・。(まあ、量にもよるかも) 今日は「王様の涙」って名前のスペインの赤ワイン。軽い渋みとほのかな甘みで結構飲み易いライトボディなワインでした。久々にアンチョビ入りのスタッフドオリーブ肴にのんびりしてます。

 そうそう、今週横浜で食べたセリョートカって名前のにしん、マリネになっていてちょっと退いたけど、食べてみてびっくり。にしんの濃い味とオニオンがとてもよく合っていて美味しかったです。今までに食べたことの無い魚の旨味を堪能できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

■ Rio After Dark/Ana Caram

Ana_caram_2

 折角の3連休なのにこちらにも台風がやってきそうな予報です。被害も結構出ているようですので用心しなければ・・・。今週も立て続けにAna Caramです。何気ないジャケットですが、良い感じのイラストが好きです。15曲も入っているのですが、曲想がバラエティに富んでおり、飽きることがありません。David Cheskyが数曲で作曲を手掛けていたり、彼女には思い入れがあるのかもしれませんね。鳥の鳴き声が涼しげです。

Recorded in New York ; 6,7 & 18 April,1989.
Produced by David Chesky
Engineer-Bob Katz(RCA Studio A)
Chesky Records JD28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

■ The Other Side Of Jobim/Ana Caram

Caram_1

 やっと梅雨らしい雨です。でも、ジメジメ凄い湿度。こんな日はクーラーの効いた部屋で涼しげな音楽が宜しいかと・・・。リオの夕暮れなどを想像しながらビールでも飲んで・・・。

このアルバムは選曲もアレンジも素晴らしく、あまり騒がしくないので好きな作品です。彼女、このChesky時代が一番良かったような・・・。レーベル変わってからの彼女はどうなんでしょう?・・・。

Chesky Recordsは高音質を売りにしているレーベルですが、録音手法でこれだけ情報量が多くなるものなんですね。普段影に隠れているような気配まで聞こえてくる辺りはさすがです。

Recorded in New York; March 26 & 27, 1992.
Produced by David Chesky
Engineer-Bob Katz
Chesky Records JD73

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »