« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月21日 (水)

■ Lost Love/Paula Castle

Castle_1

 秋も深まってくると彼女の声を聴きたくなります。秋になる前に聴くのは勿体無い気がするのです。Burt Goldblattの緑色のジャケットに枯れ枝が写っているからですかね。きっと・・・。秋の黄色く色付いた銀杏並木を歩いていると、いつの間にか彼女の歌声を思い浮かべてしまいます。たった一枚のアルバム、それも全曲合わせても25分。もう少し聴いて居たい・・・。だから秋~冬限定なのです。

with Sam Most(fl), Ronnie Selbey(p), Chet Amsterdam(b), Herb Wasserman(ds)
Rcorded and Location:Unknown
Produced by Creed Taylor
Bethlehem BCP 1036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

■ 路地を曲がると・・・

Right_now

 路地を曲がるとこんな風景が・・・。
ブルーノートのジャケは絵になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

■ 週末は雨・・・

 最近カメラが面白いので、光って物に凄く敏感な毎日です。
平日は雨でもいいから週末は晴れて欲しかったのに・・・。
都内の紅葉はまだ2,3週間先でしょうね。
雨なら雨なりのアイデアがあるはずなんですけどね・・・イメージ湧かないな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

■ Breaking Point/Freddie Hubbard

Hubbard_3

 フレディの作品の中で最初に聴いた、そして彼の中で一番好きなアルバムです。何の先入観も無く購入してしまったのと、まだ数枚のジャズアルバムしか聴いたことの無かった私にいきなりこの作品はハードだったかもしれません。今から十数年前かな・・・。でもいろいろなジャズのアルバムと出会って、このアルバムの素晴らしさも解って行ったような気がします。6曲中5曲が彼のオリジナルですが、どれも聴き応え充分でバラエティに富んだ選曲も素晴らしいです。1,2曲目の大作、ジェームス スポールディングとのコンビも素晴らしく、何故彼のリーダー作がこの時代にほとんど残されていないのかとても不思議です。2曲目の"Far Away"のマシューズのピアノもテーマ、アドリブ共に先鋭的な中にメロディアスな部分がきちんと残ってい素晴らしいです。他の曲も新主流派の旗手として多彩なナンバーと共に非常に内容の濃い作品です。締めの6曲目はチェンバースのオリジナル"Mirrors"これがまた美しい曲なんですよね。新主流派の作品の中でもこれはベストの1枚だと思います。

with James Spaulding(as,fl), Ronnie Mathews(p), Eddie Khan(b), Joe Chambers (ds)
Produced by Alfred Lion
Recorded in Englewood Cliffs, NJ, May 7, 1964.
Enginner-Rudy Van Gelder(Van Gelder Stuidio)
Blue Note BLP-4172

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »