« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

■ マクロレンズ 試し撮り

Img_2921

今日は今年初めての夏日でした。Tシャツ一枚でもよかったくらいです。前から欲しかったマクロレンズを衝動買いしてしまいました。帰りはお散歩しながら公園に立ち寄り試し撮り。軟らかいボケがとても良いですね。さすがマクロの名玉ですね。本当はもっと寄った写真も撮ったのですが、手持ちだとピント合わせが難しいですね。しばらく嵌りそうです。

EOS 40D+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

|

2008年4月19日 (土)

■ Chet in Paris, Vol. 2, Everything Happens to Me/Chet Baker

Chet_9

 この頃のチェットは欧州の様々な国で演奏を行い、録音もたくさん残しています。フランス、ドイツ、イタリア、デンマーク・・・。このパリでの録音、久しぶりに聴きましたが一曲目から彼のアンニュイな雰囲気が漂って居て 「あれ?こんなに良かったっけ?このアルバム?」って感じで何度も聴き返しています。Gerard Gustinのピアノがとても良くマッチしていますね。彼のピアノが気だるさをさらに増しているんでしょうね。
 確かこのシリーズはVol.3までだったと思うのですが、何故か肝心のVol.1だけ持ってないんですよね。このシリーズは廃盤かな?Amazonだと結構なお値段で出品されておりますね。まめに中古屋さんで探してみようと思います。今日の曇った空に何かぴったりでした。

with Gerard Gustin(p), Jimmy Bond(b), Nils-Bertil Dahlander(ds)
Recorded in Paris, October 24, 1955.
Barclay Records

|

2008年4月12日 (土)

■ At Shelly's Manne Hall /Bill Evans Trio

Evans_13  

 エバンスは数々の名作をリバーサイドに残しましたが、その最後の作品です。既に彼はヴァーブに移籍しており、契約消化の為にライブをやったのかもしれませんね。でも作品自体はとても素晴らしいと思います。イスラエルズの低く這うベースはラファロのような派手さこそありませんが好きです。ライブの方が本領発揮って感じで音数も多い気がしますし、伸び伸びとした彼を聴く事ができます。イスラエルズのソロから始まる"Stella By Starlight"では彼のソロをたっぷり聴く事ができます。ラリーバンカーとはこの作品が初競演らしいのですが、後にトリオに加わっていますし、彼等にとっても収穫が多いライブだったのではないでしょうか。

with Chuck Israels(b), Larry Bunker(ds)
Recorded in "Shelly's Manne-Hole", Hollywood, CA, 14 and 19, May, 1963.
Riverside Records RLP-9487

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »