« ■ ATH-CK90PRO | トップページ | ■ ATH-CK90PRO インプレその2 »

2011年1月11日 (火)

■ ATH-CK90PRO インプレその1

Img_3628

 今日も仕事以外はATH-CK90PROを色々試行錯誤しました。
Cahrlie Haden&Pat Methenyの"Beyond The Missouri Sky"の一曲目"Waltz For Ruth"をマスターにチップを色々試しました。昨日カミさんの余りのチップの中から適当な物を選んで色々試しましたが、Charlie Hadenの弦を擦る音が嘘の様に消えてしまう物や、やたら低音過多の物が多く、帰りにVictor JVCの合いそうな物を購入するもフィット感はあるのですがやっぱりHaidenの弦を擦る音が僅かに聞こえるだけで・・・。

うむ~どうしたものか・・・
やけくそでウレタンフォームをグシュグシュ潰して行くと面白いように柔らかくなる事に気付く。(寒いから余計硬かったのかいな?)

これを挿入すると驚くようなフィット感。 動いてもびくともしません。
「嗚呼、ついに来たな、これ、これ!この位置だよ!」
完璧にフィットするとボーカルも中央に定位して、Hadenの擦れもばっちり。

価格.comとかAmazonのインプレ見てるとバラバラな感じがしますがカナルは美味しい場所を見つけるのが難しいからなんでしょうね・・・。

続いてインプレですが(約20時間弱にて)
①まだヴォーカルが硬い?もう少しほぐれてくれると私的には心地良い。
②立体的な広がりがあって嵌るとイヤフォンの存在を忘れそう。
③低音域が少し弱い?もうちょっと出てくれても・・・エージングでどうなるかな・・・

|

« ■ ATH-CK90PRO | トップページ | ■ ATH-CK90PRO インプレその2 »

Audio」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事