« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月15日 (土)

■ ATH-CK90PRO インプレその2

 ATH-CK90PROのその後ですが出張に持ち出してみました。 地下鉄の車内では割と良い感じだったのですが新幹線の車内では何故かスカスカの音になってしまうのがちょっと気に入らない。元々低音が強くないのでクロスして消されちゃう低い音があるのかな・・・。

 例の装着感はウレタンフォームは外出先ではやっぱり外れやすくて×。
思案したあげくComplyのT-200を購入したらこれは元々柔らかく音の変化も少なくて中々良い感じでした。長時間でも疲れなさそう。 でもちょっと高いし耐久性はどうなんだろ? でも着け外しが多い時はやっぱり面倒に感じる。 SENNHEISERのCX400辺りを予備で買おうかと思いましたが、量販店で試聴したら何だか作られ過ぎた音に聴こえATH-CK90PROみたいなフラット感に程遠くうむむ・・・となってしまいました。 

 まあ懲り出すとキリが無いので・・・散在は止めておこうと・・・
しかし自宅のオーディオは安定感が違いますね・・・当たり前だけど。

|

2011年1月11日 (火)

■ ATH-CK90PRO インプレその1

Img_3628

 今日も仕事以外はATH-CK90PROを色々試行錯誤しました。
Cahrlie Haden&Pat Methenyの"Beyond The Missouri Sky"の一曲目"Waltz For Ruth"をマスターにチップを色々試しました。昨日カミさんの余りのチップの中から適当な物を選んで色々試しましたが、Charlie Hadenの弦を擦る音が嘘の様に消えてしまう物や、やたら低音過多の物が多く、帰りにVictor JVCの合いそうな物を購入するもフィット感はあるのですがやっぱりHaidenの弦を擦る音が僅かに聞こえるだけで・・・。

うむ~どうしたものか・・・
やけくそでウレタンフォームをグシュグシュ潰して行くと面白いように柔らかくなる事に気付く。(寒いから余計硬かったのかいな?)

これを挿入すると驚くようなフィット感。 動いてもびくともしません。
「嗚呼、ついに来たな、これ、これ!この位置だよ!」
完璧にフィットするとボーカルも中央に定位して、Hadenの擦れもばっちり。

価格.comとかAmazonのインプレ見てるとバラバラな感じがしますがカナルは美味しい場所を見つけるのが難しいからなんでしょうね・・・。

続いてインプレですが(約20時間弱にて)
①まだヴォーカルが硬い?もう少しほぐれてくれると私的には心地良い。
②立体的な広がりがあって嵌るとイヤフォンの存在を忘れそう。
③低音域が少し弱い?もうちょっと出てくれても・・・エージングでどうなるかな・・・

|

2011年1月10日 (月)

■ ATH-CK90PRO

ATH-CK90PROが午前中に到着しました。
早速開梱して試聴してみるとスッカスカ・・・
チップを交換してシリコンのLにすると割と遮音性もあがって「嗚呼良いかもしれない」って思ったのですが、CX300の時の吸い付くような密着感が得られず。
指でスイートスポットに持って行くとかなり音は良さそうなのですが、動くと直ぐにスカスカの音に・・・むむむ。
色々な音楽を聴いて確かに解像感も粒立ちも今までの物とは違う印象は得られました。

Charlie Hadenのベースが中央にそそり立つ感じはちょっと驚き。
ああ高価なヘッドフォンの凄さはやっぱりこの辺りにあるのかいなと・・・。

それでも動くとスイートスポットを外れてスカスカ。
これじゃ本末転倒・・・落ち着いて音楽も聴けやしない。
一瞬ヤフオク行きが頭を過ぎりました。

他の余りのチップもどれも同じような感じでこりゃ本体の形状と耳が合ってないんじゃ・・・
最後に駄目元でウレタンフォームに。
こんな硬い物が耳にフィットするんかいな・・・。
おっ?これなら動いても音の変化はほとんど気にならないかも・・・。 結局真面目に聴けたのはほんのわずか・・・。 CX300の時はスポっと気持ちよく嵌る感じが良かったですが、ネットで悩んであれやこれや他社のチップに交換する人の気持が良く解りました。
インプレは明日出勤に使ってみてどうかですね・・・。

| | コメント (0)

2011年1月 9日 (日)

■ Fiio e1 + iPod touch32GB

Fiio_e1_2
 iPod classic30GBのバッテリがへたってきて出張には
少し辛くなって来たので iPod touchを年末に購入しました。

長年愛用していたSennheiserのCX300もコネクタ部の接触が
悪くなってきたので、取り合えず間に合わせで、Audio TechnicaのATH-CKS50を購入しました。しかしCX300に比べたら音の抜けとか音場、立体感が今一歩・・・。
私には低音が出すぎだし・・・。 ちょっと篭った感じもあるかな・・・。
Hard Rockを量感たっぷりに聞くならいいかも・・・。

 てな訳で興味本位でFiio e1を購入しました。

もう少し解像感が欲しく、濁りが取れれば良いな。
安いし・・・
小さいし・・・
リモコン付いてるし・・・
過度の期待はせず・・・

 効果としてはピアノが少しクリアになって、低音が少し引っ込んで、狙いとしては正解でした。 ECMなどの高品位な録音なら結構違いが出ます。
後はiPod特有のボリュームを上げた時に破状が無いのが一番の利点。

ヘッドフォンももう少し良い物が欲しかったのでATH-CK90PROをアマゾンでポチってしまいました。こちらはまだ未着なので感想はまた後ほど。

|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »