ジャズ

2011年6月18日 (土)

■ Sound of the Summer Running/Marc Johonson

Marc
 嗚呼・・・やっぱり私はパットが好きなのです。
9曲目や10曲目を聴くと心が澄んで濁りが消えて行きます。
そしてアメリカの田舎の広大な草原へと誘ってくれます。
特に好きなのは10曲目
”For A Thousand Years" やっぱりパットの作品でした。

おっと・・・これはMarc Johonsonのリーダー作でしたね。
Marcの深みのあるベースも好きですが、
やっぱりギターに耳が行ってしまいます。
途中に?的な曲もあるのですが何回か聴いているうちに
面白くなってしまう所にやっぱり彼らの凄さが現れているんですね。

またこのスカイブルーのジャケットにオレンジの配色、良い趣味してますよね。

with Bill Frisell (g), Pat Metheny (g), Joey Baron (ds)
Produced by Lee Townsend
Recorded in Avatar Studios, New York, NY, 1998.
Engineer Joe Ferla
Cover Photograph by Merri Cyr.
Verve Records 539 299-2

|

2011年2月26日 (土)

■ Real Lee Konitz/Lee Konitz

Real_lee_konitz
 久し振りにジャズを書きます・・・何だかとっても新鮮にジャズを吸収してます。 偶にコニッツを無性に聴きたくなる時があるのですが・・・このアルバムはずっとラックに仕舞われたままで・・・この編集さ加減が何とも言えず・・・。 何となく俺のインプロを聴けみたいな押し付けがましさが・・・テーマの解釈とか一切カットですからね。でもよくよく聴いてみれば淡々と次から次へと惜しみなく繰り出されるインプロは素晴らしいです。ビリーバウアーのギターも渋くセンスの良さも光ってとても良く絡み合ってます。集中して聴くとあっと言う間の30分です。
他にこんな潔いアルバムってあるんでしょうか・・・私は好きになりました。

with Don Ferrara (tp), Billy Bauer (g), Peter Ind (b), Dick Scott (dr).
Recorded in Pittsburgh, P.A, Feburuary 15,  1957.
recorded by Peter Ind
Atlantic Records 1273

|

2011年1月15日 (土)

■ ATH-CK90PRO インプレその2

 ATH-CK90PROのその後ですが出張に持ち出してみました。 地下鉄の車内では割と良い感じだったのですが新幹線の車内では何故かスカスカの音になってしまうのがちょっと気に入らない。元々低音が強くないのでクロスして消されちゃう低い音があるのかな・・・。

 例の装着感はウレタンフォームは外出先ではやっぱり外れやすくて×。
思案したあげくComplyのT-200を購入したらこれは元々柔らかく音の変化も少なくて中々良い感じでした。長時間でも疲れなさそう。 でもちょっと高いし耐久性はどうなんだろ? でも着け外しが多い時はやっぱり面倒に感じる。 SENNHEISERのCX400辺りを予備で買おうかと思いましたが、量販店で試聴したら何だか作られ過ぎた音に聴こえATH-CK90PROみたいなフラット感に程遠くうむむ・・・となってしまいました。 

 まあ懲り出すとキリが無いので・・・散在は止めておこうと・・・
しかし自宅のオーディオは安定感が違いますね・・・当たり前だけど。

|

2011年1月11日 (火)

■ ATH-CK90PRO インプレその1

Img_3628

 今日も仕事以外はATH-CK90PROを色々試行錯誤しました。
Cahrlie Haden&Pat Methenyの"Beyond The Missouri Sky"の一曲目"Waltz For Ruth"をマスターにチップを色々試しました。昨日カミさんの余りのチップの中から適当な物を選んで色々試しましたが、Charlie Hadenの弦を擦る音が嘘の様に消えてしまう物や、やたら低音過多の物が多く、帰りにVictor JVCの合いそうな物を購入するもフィット感はあるのですがやっぱりHaidenの弦を擦る音が僅かに聞こえるだけで・・・。

うむ~どうしたものか・・・
やけくそでウレタンフォームをグシュグシュ潰して行くと面白いように柔らかくなる事に気付く。(寒いから余計硬かったのかいな?)

これを挿入すると驚くようなフィット感。 動いてもびくともしません。
「嗚呼、ついに来たな、これ、これ!この位置だよ!」
完璧にフィットするとボーカルも中央に定位して、Hadenの擦れもばっちり。

価格.comとかAmazonのインプレ見てるとバラバラな感じがしますがカナルは美味しい場所を見つけるのが難しいからなんでしょうね・・・。

続いてインプレですが(約20時間弱にて)
①まだヴォーカルが硬い?もう少しほぐれてくれると私的には心地良い。
②立体的な広がりがあって嵌るとイヤフォンの存在を忘れそう。
③低音域が少し弱い?もうちょっと出てくれても・・・エージングでどうなるかな・・・

|

2011年1月10日 (月)

■ ATH-CK90PRO

ATH-CK90PROが午前中に到着しました。
早速開梱して試聴してみるとスッカスカ・・・
チップを交換してシリコンのLにすると割と遮音性もあがって「嗚呼良いかもしれない」って思ったのですが、CX300の時の吸い付くような密着感が得られず。
指でスイートスポットに持って行くとかなり音は良さそうなのですが、動くと直ぐにスカスカの音に・・・むむむ。
色々な音楽を聴いて確かに解像感も粒立ちも今までの物とは違う印象は得られました。

Charlie Hadenのベースが中央にそそり立つ感じはちょっと驚き。
ああ高価なヘッドフォンの凄さはやっぱりこの辺りにあるのかいなと・・・。

それでも動くとスイートスポットを外れてスカスカ。
これじゃ本末転倒・・・落ち着いて音楽も聴けやしない。
一瞬ヤフオク行きが頭を過ぎりました。

他の余りのチップもどれも同じような感じでこりゃ本体の形状と耳が合ってないんじゃ・・・
最後に駄目元でウレタンフォームに。
こんな硬い物が耳にフィットするんかいな・・・。
おっ?これなら動いても音の変化はほとんど気にならないかも・・・。 結局真面目に聴けたのはほんのわずか・・・。 CX300の時はスポっと気持ちよく嵌る感じが良かったですが、ネットで悩んであれやこれや他社のチップに交換する人の気持が良く解りました。
インプレは明日出勤に使ってみてどうかですね・・・。

| | コメント (0)

2011年1月 9日 (日)

■ Fiio e1 + iPod touch32GB

Fiio_e1_2
 iPod classic30GBのバッテリがへたってきて出張には
少し辛くなって来たので iPod touchを年末に購入しました。

長年愛用していたSennheiserのCX300もコネクタ部の接触が
悪くなってきたので、取り合えず間に合わせで、Audio TechnicaのATH-CKS50を購入しました。しかしCX300に比べたら音の抜けとか音場、立体感が今一歩・・・。
私には低音が出すぎだし・・・。 ちょっと篭った感じもあるかな・・・。
Hard Rockを量感たっぷりに聞くならいいかも・・・。

 てな訳で興味本位でFiio e1を購入しました。

もう少し解像感が欲しく、濁りが取れれば良いな。
安いし・・・
小さいし・・・
リモコン付いてるし・・・
過度の期待はせず・・・

 効果としてはピアノが少しクリアになって、低音が少し引っ込んで、狙いとしては正解でした。 ECMなどの高品位な録音なら結構違いが出ます。
後はiPod特有のボリュームを上げた時に破状が無いのが一番の利点。

ヘッドフォンももう少し良い物が欲しかったのでATH-CK90PROをアマゾンでポチってしまいました。こちらはまだ未着なので感想はまた後ほど。

|

2010年2月21日 (日)

■ I Will Say Goodbye その後

 このアルバムは少し食って掛ったって言うか・・・でも聴き込めば聴き込むほど素晴らしさが解ってくる作品なんだな・・・って。 "Seascape"を聴いて感じた。 陳腐になるからこの曲の素晴らしさは敢て言わない方が良いと思うけれど・・・。 

 僕にとってのマジックはきっと "Blue In Green" だけれども・・・でもビルはきっと 「こっちも悪くないだろう?」 って・・・。 そして僕は素直に頷くと思う。 

Evans_14

| | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

■ I Will Say Goodbye/Bill Evans Trio

Evans_iwll_5

ジャズらしく無い・・・いかにも70年代らしいジャケットからくる不安は一曲目の"I Will Say Goodbye"で早々に払拭されました。 "Intuition"も好きなアルバムですがそれにZigmundが加わっているのだから悪い筈はないのです。 このアルバムでは明解で美しいメロディを紡ぎ出すエバンスですが、"I will ・・・"は透明で美しい孤高のエバンスを聴く事ができます。他にも"Quiet Light"や"A House Is Not A Home"なども素晴らしい出来だと思います。
この時代になるとピアノの録音手法もかなり変化があってマイク何本も立てて録っているんでしょうね。 録音による作品の印象の変化も大きいです。

 あっ、因みにこのCDですがAmazonで950円で購入しました。彼の作品も日替わり?で1000円を切るプライスが付けられているようですね。 

with Eddie Gomez(b), Eliot Zigmund(ds)
Produced by Helen Keane
Recorded in Berkley, CA, May 11-13, 1977.
Engineer-Bruce Walford (Fantacy Studios)
Photography-Phil Bray
Fantacy Records F-9593

|

2010年1月 9日 (土)

■ How My Heart sings!/Bill Evans Trio

Evans_9_3

 久し振りにEvansを聴きました。このメンバーの中では"Moon Beams"が好きですけどこのアルバムは何回か聴いているうちに段々良くなってきますね。イスラエルズのベースもこちらの方が意欲的です。何よりラファロの死を乗り越え再びリリカルに唄うEvansを聴く事ができます。

with Chuck Israels(b), Paul Motian(ds)
Recorded in New York; May 17,29, and June 5, 1962.
Pruduced by Orrin Keepnews.
Engineer-Bill Schwartau
Riverside Records RLP-9473

|

2009年11月 2日 (月)

■ I Play Trombone/Frank Rosolino

Rosolino_1

 お~さぶ~。今まで暖かすぎたのかもしれませんけど・・・。久々にジャズです。何ヶ月振りでしょう。今日はFrank Rosolinoです。名前が・・・ジャズっぽくないですけど・・・Clarkと演ってますのでこのアルバムは知名度はあるのかな・・・。トロンボーンだから暖色系で秋には合いますね。Clarkのピアノはブルーノートの彼に近い。とってもリズミカルに良く唄っています。

with Sonny Clark(p), Wilfred Middlebrooks(b), Stan Levey(ds)
Recorded In Los Angeles, May 1956.
Bethlehem Records BCP-62

| | コメント (0)

より以前の記事一覧