Jazz '70

2010年2月21日 (日)

■ I Will Say Goodbye その後

 このアルバムは少し食って掛ったって言うか・・・でも聴き込めば聴き込むほど素晴らしさが解ってくる作品なんだな・・・って。 "Seascape"を聴いて感じた。 陳腐になるからこの曲の素晴らしさは敢て言わない方が良いと思うけれど・・・。 

 僕にとってのマジックはきっと "Blue In Green" だけれども・・・でもビルはきっと 「こっちも悪くないだろう?」 って・・・。 そして僕は素直に頷くと思う。 

Evans_14

| | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

■ I Will Say Goodbye/Bill Evans Trio

Evans_iwll_5

ジャズらしく無い・・・いかにも70年代らしいジャケットからくる不安は一曲目の"I Will Say Goodbye"で早々に払拭されました。 "Intuition"も好きなアルバムですがそれにZigmundが加わっているのだから悪い筈はないのです。 このアルバムでは明解で美しいメロディを紡ぎ出すエバンスですが、"I will ・・・"は透明で美しい孤高のエバンスを聴く事ができます。他にも"Quiet Light"や"A House Is Not A Home"なども素晴らしい出来だと思います。
この時代になるとピアノの録音手法もかなり変化があってマイク何本も立てて録っているんでしょうね。 録音による作品の印象の変化も大きいです。

 あっ、因みにこのCDですがAmazonで950円で購入しました。彼の作品も日替わり?で1000円を切るプライスが付けられているようですね。 

with Eddie Gomez(b), Eliot Zigmund(ds)
Produced by Helen Keane
Recorded in Berkley, CA, May 11-13, 1977.
Engineer-Bruce Walford (Fantacy Studios)
Photography-Phil Bray
Fantacy Records F-9593

|

2008年5月31日 (土)

■ The Paris Concert Edition ⅠandⅡ/Bill Evans

Paris Paris_2

 もう梅雨入り?って感じのお天気が続いてますね。肌寒いくらいなので過ごし易いのは助かりますけどね・・・。パリでの録音ですがラジオフランスの録音技術は非常に高く、エヴァンスの作品の中でも指折りの綺麗なピアノの音色を聞く事ができます。彼の細かいニュアンスやタッチも感動的です。会場が大きいせいかライブの熱気が今一歩なのは仕方ないですけど、大きな会場での冷たい拍手はちょっと残念。私はEditionⅡの選曲の方が好みですがトリオの3人が美しく溶け合う5曲目の"Laurie"は絶品ですね。

with Marc Johnson(b), Joe LaBarbera(ds)
Recorded in L'Espace Cardin, Paris, November 26, 1979.
Produced by Helen Keane
Recording Engineer-Stew Romaine(Radio France)
Elektra Recods LP 60164

|

2007年7月31日 (火)

■The Influence/Jimmy Raney

Raney_3

 50年代のレイニーとちょっと違う印象を受ける一枚です。彼の特徴的な細目のトーンは相変わらず。でも輪を掛けて音が凄くクリアーなので、そう感じるのかもしれませんが、かなりクールなアルバムです。と、思って50年代の彼を聴き直してみましたが、プレイ自体はそんなに変わっていなかったりするのかな・・・。選曲がもう少しリラックスしてソフトな方が私には好みです・・・。モノトーンのジャケットは雰囲気たっぷりなんですけどねえ。

with Sam Jones(b),  Billy Higgins(dr)
Recorded in September, 2,1975.
Produced by Don Schlitten
Xanadu 116

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

■ Intuition/Bill Evans-Eddie Gomez

Evans_10_3

 エレクトリックピアノを弾くエヴァンスは初めて。そこがちょっと気になる所ではありましたが、やはりエヴァンスはエヴァンスなんですね。でもエレクトリックピアノを弾くエヴァンスは幾分明るく、ブルージーな感じです。アコースティックピアノとはその辺りで使い分けをしている雰囲気がします。このエレクトリックピアノの音っていかにも70年代って感じがしますね。何か懐かしい音です。全体的には二人のエヴァンス+ゴメスって感じの変則トリオみたいで面白いアルバムです。俯かないエヴァンス・・・そんなのも時には良いかも。

Produced by Helen Keane
Recorded in Berkeley, CA, Nevember 7-10, 1974.
Engineer-Don Cody(Fantacy Stuidios)
Fantacy Records F-9475

| | コメント (0) | トラックバック (0)