Jazz Guitar

2011年6月18日 (土)

■ Sound of the Summer Running/Marc Johonson

Marc
 嗚呼・・・やっぱり私はパットが好きなのです。
9曲目や10曲目を聴くと心が澄んで濁りが消えて行きます。
そしてアメリカの田舎の広大な草原へと誘ってくれます。
特に好きなのは10曲目
”For A Thousand Years" やっぱりパットの作品でした。

おっと・・・これはMarc Johonsonのリーダー作でしたね。
Marcの深みのあるベースも好きですが、
やっぱりギターに耳が行ってしまいます。
途中に?的な曲もあるのですが何回か聴いているうちに
面白くなってしまう所にやっぱり彼らの凄さが現れているんですね。

またこのスカイブルーのジャケットにオレンジの配色、良い趣味してますよね。

with Bill Frisell (g), Pat Metheny (g), Joey Baron (ds)
Produced by Lee Townsend
Recorded in Avatar Studios, New York, NY, 1998.
Engineer Joe Ferla
Cover Photograph by Merri Cyr.
Verve Records 539 299-2

|

2011年2月26日 (土)

■ Real Lee Konitz/Lee Konitz

Real_lee_konitz
 久し振りにジャズを書きます・・・何だかとっても新鮮にジャズを吸収してます。 偶にコニッツを無性に聴きたくなる時があるのですが・・・このアルバムはずっとラックに仕舞われたままで・・・この編集さ加減が何とも言えず・・・。 何となく俺のインプロを聴けみたいな押し付けがましさが・・・テーマの解釈とか一切カットですからね。でもよくよく聴いてみれば淡々と次から次へと惜しみなく繰り出されるインプロは素晴らしいです。ビリーバウアーのギターも渋くセンスの良さも光ってとても良く絡み合ってます。集中して聴くとあっと言う間の30分です。
他にこんな潔いアルバムってあるんでしょうか・・・私は好きになりました。

with Don Ferrara (tp), Billy Bauer (g), Peter Ind (b), Dick Scott (dr).
Recorded in Pittsburgh, P.A, Feburuary 15,  1957.
recorded by Peter Ind
Atlantic Records 1273

|

2009年4月15日 (水)

■ Quintet/Quartet/Sal Salvador

Sal_3_3 Sal_4_3

 今日は不要なCDを御茶ノ水で買い取ってもらいに行ってきました。多分この先も聞かないだろうな・・・ってCDを60枚くらい。買取の明細を見て面白かったのは 「え~これがたった¥50?」 「これこんなに価値あったの? バーゲンで¥500で買ったヨーロッパ物が廃盤らしく¥600とか・・・。買取できませんって返されるかと思ってたのに・・・」とか。 帰りにSal Salvadorのこれをゲットしてきました。 Connoisseur Seriesは国内盤+Capitalの作品がもう一枚カプリングされてるしBlue Noteは輸入盤で集めているのでちょっと徳した気分です。探すと意外と無かったですからね。 

with Frank Sakolow(ts), Jimmy Williams(p), Kenny O'Brien(b), Jimmy Campbell(ds) BLP-5035 and Eddie Costa(p,v), Jimmy Gannon(b), Jimmy Campbell(ds) T-6505
Recorded in NJ, December 24, 1953 BLP-5035
Recorded in NYC, October 9, 1954 T-6505
Blue Note BLP-5035+Capital T-6505

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

■ Guitar Moods by Mundel Lowe/Mundell Lowe

Lowe_1_2

 渋いですね。そしていつもジャケットに写る姿がクールでカッコ良いマンデルロウです。彼のギターがたっぷり堪能できる作品手って意外と多くないですね。スローなナンバーが多く、綺麗なコードワークでじっくり聴かせる技を持っている職人って感じです。特にCDだと9曲目”It's so peaceful in the country"は彼のコードワークとフルートが美しく溶け合って良い曲なんですよね。秋の夜長にはぴったりのアルバムです。もう少し聴いていたい。もう終わり?毎回そう思うアルバムです。

with Trigger Alpert(bc,fl), Phil Bodner(Oboe, English horn), Al Klink(b), Ed Shaughnessy(ds)
Produced by Orrin Keepnews
Recorded in February 20, March 2 and 9, 1956.
Enginner-Rudy Van Gelder(Van Gelder Studio, Hackensack, NJ)
Riverside Records RLP-208

|

2008年8月16日 (土)

■ Day Trip/Pat Metheny

Day_trip

 "Question and Answer"の再現を期待するとちょっと物足りない気がしますね・・・。(勝手に期待しただけだけど・・・。) あのアルバムは夜のニューヨークを連想させる素晴らしいアルバムでした。"Day Trip"はちょっと散漫な印象。でもクリスチャン マクブライドも快調だしアントニオ サンチェスもダイナミックで良いドラマーですね。パットのベクトルと私の期待する方向が旨く合わなかったのかも。でもパットだから出る不満であってアルバム単体でみれば個々のテクニックが高度に絡み合って素晴らしい作品です。後半のアコースティックは無くても良かったかも。ジャケット含めインナーのイラストはとても良いですね。

with Christian Mcbride(b), Antonio Sanchez(ds)
Recorded in New York, October25 ,2005.
Produced by Pat metheny
Recorded Engineer-Pete Karam(Right Track Recording Stuidio)
Nonesuch Records

|

2008年7月22日 (火)

■ 谷中とPatです。

Img_4490_21
 谷中に久しぶりに行ってきました。午後から晴れじゃなかったっけ?
いつまで経ってもお日様が顔を出さなかったので痺れを切らして出掛けたのですが、
まあこの時期ってお天気あまりあてにならないですからね。晴れればそれはそれで大変な暑さですしね。中々旨くいかないですね。

EOS 40D+EF17-4-mm F4L USM

513
Pat Metheny/Day Trip

 帰りしな久しぶりにお店でCDを買って参りました。何と「ネットで買うより¥700--も高い!これはお店の家賃代なのか・・・レジ打ってるお姉さんの人件費なのか・・・まあ全部か・・・。プレゼントの音楽ギフト券を使ったので仕方無いんですけど・・・。それにしてもねぇ・・・」 でもこのCDへの期待は大きいのです。"Question and Answer"みたいな作品だったら良いな~。

|

2007年12月 3日 (月)

■ Beyond The Missouri Sky/Charlie Haden & Pat Metheny

Charlie_pat

 最近このアルバムを集中して聴き続けています。発売当初は聴き込む所まで行かなかったのが正直な所です。通勤途中、仕事の移動中、もちろん自宅のオーディオでもここ2週間くらい立て続けに聴いています。前々から前半部分は聴いていましたが、後半の9曲目の"The Moon Song"~"Tears of Rain"そしてCinema Paradiso"の流れに嵌っています。前半は割りと牧歌的な、まさにミズーリーの大地を連想させるような曲が多いのですが、後半に行くに従って密度が高まっていく所は胸に迫る物がありますね。まだしばらくCDのトレイから取り出せそうにありません。

Produced by Charlie Haden & Pat Metheny
Recorded in NYC, 1996.
Engineer-J.Newland (Right Track Studio NYC)
Verve Records

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

■ A Generation Ago Today/kenny Burrell

Burrell_11_2

 ケニーバレルの特徴であるブルージーでホーンライクなスタイル。クリードテイラーが豪華メンバーを呼んでおしゃれに演出した一枚です。一曲目、ヴォサノバ調の"As Long As I Live"から50年代の彼に慣れていた私にはびっくり。フィルウッズも好調でモダンでおしゃれな雰囲気を上手く表現しています。スローなナンバーなどはやはり見事です。一方バレルもブルージーな中に彼にはあまり見られない透明感を感じる事ができます。確かなテクニックとそこから生み出される余裕のあるプレイ、ちょっとよそ行きの雰囲気が見事に融合している素晴らしいアルバムです。

with Phil Woods(as), Richard Wyands(p), Ron Carter(b), Grady Tate(ds), Mike Mainieri(vib)
Produced by Cleed Taylor
Recorded in New York, December 16 & 20, 1966. January 31& March 28, 1967.
Engineer-Val Valentin
Verve Reocord

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

■ The Sound Of Johnny Smith Guitar & Plus Trio/Johnny Smith

Smith Smith_3

「ヴァーモントの月」も良いアルバムですが、彼の作品がお手軽に2枚も聴けてしまうカップリングのCDです。彼の作品はRoostからの物が多いですが、CD化はあまりされていませんね。まあ、あまり売れないのかな・・・この手のジャズギターは・・・。 この2枚ですが、どちらが好みかといえば、右側の"Plus Trio"の方が落ち着いた端正な雰囲気で好きです。Bob Pancoastって全く聴いた事の無い人ですけど、彼が良い感じです。 ただ、全体を通じて聴いても違和感もないのでたっぷり彼のギターが堪能できます。ギブソンからも彼のモデルが出ていますが、当時はかなりの人気だったのでしょうね。

The Sound of The Johnny Smith Guitar
with Hank Jones(p), George Duvivier(b), Ed Shaughnessey(ds)
Recorded in 1961
Produced by Teddy Reig
Roost 2246

Johnny Smith Plus The Trio
with Bob Pancoast(p), George Roumanis(b), Mousie Alexander(ds)
Recorded in 1960
Produced by Teddy Reig
Roost 2243

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月31日 (火)

■The Influence/Jimmy Raney

Raney_3

 50年代のレイニーとちょっと違う印象を受ける一枚です。彼の特徴的な細目のトーンは相変わらず。でも輪を掛けて音が凄くクリアーなので、そう感じるのかもしれませんが、かなりクールなアルバムです。と、思って50年代の彼を聴き直してみましたが、プレイ自体はそんなに変わっていなかったりするのかな・・・。選曲がもう少しリラックスしてソフトな方が私には好みです・・・。モノトーンのジャケットは雰囲気たっぷりなんですけどねえ。

with Sam Jones(b),  Billy Higgins(dr)
Recorded in September, 2,1975.
Produced by Don Schlitten
Xanadu 116

| | コメント (0) | トラックバック (0)